浜松シティマラソン(一人旅2016 その2)

2016.02.25 Thursday

0
    DSC00450.JPG
    DSC00449.JPG

    2日目は、浜松シティーマラソン。

    肉離れ&風邪で1ヶ月ほとんど練習しておらず、

    DNS(Did Not Start)も考えましたが、行けるところまでのんびり走ろうととりあえず会場に。

    こんな感じでもりあげてくれると、ランナーはやっぱり気分が上がります。


    レース前の1時間は、トイレに30分並び、

    いい位置を確保する為、スタート位置に並びます。

    今回は参加者の割にトイレが少なかったかな?大渋滞。

    大と小を分けてくれると、小の人はありがたいんですけどね。

    大は自己責任で家でやってこい!といつも思ってます(笑)。

    寒い中、薄着で(荷物は事前に預けるので)待たされるのはキツイです。



    そんな感じで、

    ハーフをのんびり走りました。

    街中〜航空自衛隊浜松基地脇を走るコース。

    自衛隊、思ったより外に出てる飛行機が少なくて景色が単調でした。

    地味な住宅街の長い登りがきつかった。

    それでも、知らない街並みをのんびり走る事が出来るのが、

    マラソン大会の醍醐味。浜松いいところですね。



    タイムは、練習してない割にはまずまず。

    抑えて、抑えての我慢のレース。最後は余力も残してました。

    それでも初めてのハーフマラソンの頃よりはるかに速いです。成長はしてるみたいです。



    DSC00452.JPG

    スタートとゴール位置が違うので、

    こんな感じで荷物を預けます。

    三厩の義経マラソンではホロ無しトラックの荷台ですが、

    流石に規模が違いますね。



    DSC00453.JPG

    家康くんのフワフワドーム。

    子供が飽きがちなマラソン大会。

    お父さんは応援してもらいたい。子供は退屈だから行きたくない。

    その辺の落としどころが考えられている大会でした。


    DSC00471.JPG

    もう1点、これはいいなぁと思った所。

    3キロ家族マラソンが、ハーフの最後にあります。

    普通は、ハーフの間に終わってるんですよね。ショートコースは。

    すると、ハーフ走ってるお父さんは、家族マラソン見れない。

    こうすると、お父さんも子供を応援出来る。

    それどころか、余力が有れば、ハーフの後で子供と走れる。(エントリー出来るかは未確認)

    そして飲食店の混雑も分散されます。

    僕みたいなボッチはハーフが終わったら食事。

    ご家族は、3キロ終わってから食事。




    DSC00457.JPG

    そんな訳で、富士宮焼きそばと、地元のブランド牛(名前忘れました)



    DSC00464.JPG

    ホルモンとベーコン。を対して並ばずにゲット!

    こういう地元の名産が食べられるのもマラソン大会の醍醐味。



    DSC00462.JPG

    日常から離れたくて来てるのに、

    参加賞で青森リンゴもらいました。笑。

    ベチョベチョのウェアやシューズと一緒に送ったのですが、

    クール料金が別途かかりました。

    324円のリンゴ。



    そんな浜松シティマラソン

    コース ☆☆☆          景色はあまり特色無い。団子状態での住宅地も道幅が狭かった。
    運営  ☆☆☆☆     スムーズ、好印象。トイレだけちょっと足りない。
    移動  ☆☆     スタート会場は、駅から徒歩15分。ゴール会場は徒歩無理。バスが有料でした。
    食べ物 ☆☆☆☆   おいしいものがいっぱいで目移りしました。椅子が少なかった。リンゴより地元の名産下さい(笑)












     
    コメント
    コメントする