北海道ガーデン巡り(その1)

2016.07.03 Sunday

0

    DSC01064.JPG

     

    先日、母と義姉という不思議なトリオで北海道ガーデン巡りをしてきました。

     

    写真は、新富良野プリンスホテルにあるニングルテラス。

     

    森の中に、ログハウスのクラフト店舗が点在しています。

     

    雰囲気、作家さんのクオリティー共に素晴らしかったです。

     

    流石の北海道だけあって、食事(特に朝食のバイキング)も素晴らしく、

     

    帰ってきたばかりですが、また行きたい!!

     

    富良野に行った際には、オススメの宿です。

     

    安ビジネスホテルばかりでなく、リゾートもたまにはいいですね(笑)

     

     

     

    DSC01070.JPG

     

     

    さて、いきなりガーデンとは関係のない所から始まりましたが、

     

    いよいよ本番。

     

    まずは同じ敷地にある、風のガーデンです。

     

    中井貴一さん主演でTVドラマにもなりましたね。

     

    青森はフジTV入らないので見てませんが・・・

     

    ホテルの敷地内なのに、乗り合いワゴン車で移動という、北海道はでっかいど〜感。

     

     

     

    上野 砂由紀さんが手がけた宿根草のガーデンは、

     

    とても心地の良い場所でした。

     

    ウチの会社にも植えてある植物なのですが、

     

    大きくて、元気で、こっちだと葉焼けしてしまいそうな向きにあるものも、

     

    きれいな葉色だったりします。

     

    涼しい気候のせいで、青森よりもさらに季節がぎゅーっと凝縮された感じでした。

     

     

    DSC01076.JPG

     

    ヤナギ’白露錦’(ハクロニシキ)

     

    ホスタ、ゲラニューム、アルケミラモリス、アキレギア、サルビア、カンパニュラ、

     

    なんてよく見る宿根草が中心ですが、

     

    カラーリーフも点在していて、派手さはなくて清々しいガーデンです。

     

    一年草中心ですと、目がチカチカしてくるので、やっぱり宿根草中心のが好きです。

     

    (お店の一年草は買ってくださいね。花期が長いのでお勧めです。笑)

     

     

     

    DSC01078.JPG

     

     

    銅葉と黄色葉の組み合わせって鉄板です。

     

    黄色はシモツケ’ゴールドフレーム’まだ、当社に売れ残ってます(笑)

     

    銅葉は・・・なんだろ?わかりませ〜ん。こういう事は多々ありますので、気にしない。

     

    そのうち名前と見た目が一致するのを待ちます。

     

     

     

    IMG_9620.JPG

     

     

    ハニーサックルのアーチ。いいなぁ。

     

    会社にも作りたい。

     

     

     

    IMG_9621.JPG

     

     

    始めた見た!!

     

    カライトソウっぽいけど、変わった斑入り。

     

    名前はわかりません・・・

     

     

     

    IMG_9623.JPG

     

     

    黄色いツユクサ。

     

    去年仕入れたけど、名前忘れました。

     

    ググったら、トラディスカンティア’ブルーアンドゴールド’こんなの覚えられません!!

     

    今度また仕入れよう。

     

     

     

    ちなみに、バラ園も有ったのですが、

     

    まだ1割しか咲いてなくて残念。

     

    普段は咲いてる時期らしいのですが、

     

    6月の天候不良で遅れてるそうです。残念。でも、きっと咲き乱れると素敵だろうな〜ってとこでしたよ。

     

    また次回。(あるのか?)

     

     

     

    3日も会社を空けたら、やらなきゃダメな事がたまりすぎてるので、

     

    とりあえず今回はここまで。

     

    なるべく早く続きを書きます・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする