COOL AOMORI (冬の東岳)

2017.01.18 Wednesday

0

    最強寒波の影響で、先週末は広島や京都にも雪が積もったみたいですね。

     

    (別にタイトルは青森寒いをアピールした訳でありません。)

     

    雪に悩まされた地方の方も、

     

    雪投げに追われた青森の方もいらっしゃったと思いますが、

     

    それを尻目に火曜日(定休日)の天気予報をみつつ、

     

    晴れそう!!しめしめ〜。とほくそ笑んでいたのは内緒です。

     

     

    最初は友達と、緩く午後から小牧野でも行こうか〜

     

    と話をしてたのですが、朝一でドタキャン食らいまして、

     

    それじゃ、急きょ東岳までいってみよう。とドタバタ準備。

     

    コンビニ行って、2リットルの水と食料調達して、

     

    マエダアリーナの駐車場に着いたのが10時でした。

     

    電話が来たのが9:06だったので、それから一時間弱。

     

    午前はのんびりモードだったのに、なんでここに居るんだろう感。

     

    そんな感じで、今年チャレンジしたいね〜と話してた東岳に

     

    なぜか一人で挑むことになりました。(かなり不安)

     

     

     

    IMG_0831.JPG

     

     

    新運動公園は相変わらず気持ちいい。

     

    スノーシューのフィールドとしては、かなり優秀です。

     

    広いし、景色良いし、アップダウン無いので、誰でも楽しめます。

     

    ちらほら見かけるようになった、スノーラフティングとか企画しても良さそうな感じ。

     

     

     

    IMG_0837.JPG

     

     

    小動物の足跡。

     

    動物たちも、ふかふかと積もった新雪に、なんか浮かれてる感じがしました。

     

     

     

     

     

    IMG_0838.JPG

     

     

    当然、僕も、うかれ気分でセルフィー。

     

     

     

     

     

    IMG_0841.JPG

     

     

     

    のんびり写真なぞ撮りつつ、ここまで20分。

     

    ここの貯水池は、秋の無風の日は本当に紅葉が美しいオススメスポット。

     

    後ろの山々の紅葉が、池に鏡の様に移ります。

     

    通り道には、大イチョウもあるし、ぜひお試し下さい。

     

    さて、ここからが本番です。すでに汗っかき。

     

    後先考えず、水がぶ飲み。

     

     

     

    IMG_0844.JPG

     

     

     

    こんな感じの雪道を、一人歩きます。

     

    本来、登山道入り口の駐車場までは車で行けるので、

     

    そっからならサクッと登れそうなのですが、

     

    冬は当然車なんぞでは行けるはずもなく、

     

    駐車場までのこの道が、微妙な登りで体力を消耗します。

     

     

    普段、登山に言った事がある人にはわかると思うのですが、

     

    途中には何件か畑と民家(別荘?)があるんです。

     

    でも、やっぱり冬は誰もいません。

     

    発電機でまかなってるだろうし、灯油切れたら、歩いて買いに行ける訳もないですからね。

     

     

     

     

     

    IMG_0846.JPG

     

     

    ここまで来ると、駐車場までもう少し〜って感じがするのですがね。普段は。

     

    流石に一人で新雪を踏みしめて行くのはしんどい。

     

    まだここかっ!!引き返すなら今だな〜ってしばし悩みました。

     

     

     

     

     

    IMG_0848.JPG

     

     

    そんなこんなでようやく駐車場。

     

    ここで2リットルの水も半分以上を消費。

     

    ここからさらに険しくなるので、

     

    山頂は流石に無理です。相当疲れてたし。

     

    本当はここで折り返して、仲間と今度アタックしようと思ってましたが、

     

    市内も晴れてそうだったので、見晴台まで行ってみようかと、気合の入れ直し。

     

    ちなみにここで、貯水池から約1時間。

     

    20cm程度のラッセルで済みましたが、もう少し雪が深かったら、

     

    ぼっちだとここまでが限界だったと思います。

     

     

     

    IMG_0856.JPG

     

     

    ここからは、車が入れない登山道。

     

    こんな感じです。

     

    迂回したり、手でどけたり、踏んずけたり・・・

     

    リュックが引っ掛かって邪魔くさい。

     

     

     

    IMG_0859.JPG

     

     

    昔の鉱山跡です。

     

    普段はラピュタっぽい雰囲気が有って素敵な場所なのですが、

     

    雪に埋もれてるので、軽くスルー。

     

    過去のブログにその時の画像貼ってました。

     

    いつもボッチですね。

     

    http://greenforest.jp/weblog/2014/11/215/

     

     

     

    IMG_0881.JPG

     

    はい。見晴台到着〜

     

    絶景かな。青森市。

     

    雲谷からも良く見えるのですが、

     

    こっちの山からの風景の方が好きなアングルです。

     

    ここまで、本当にしんどくて、(ハーフマラソンの方が楽)

     

    最後は、1分歩いては立ち止まって・・・みたいな感じだったのですが、

     

    全部ふっとぶ程の絶景です。

     

     

     

    IMG_0884.JPG

     

     

    手持ちレンズの限界まで望遠。

     

    アスパムと八甲田丸はやっぱりいいですね。

     

    港町だなぁ。

     

     

     

    IMG_0880.JPG

     

     

    疲れたし、腹も減ったのでお昼ご飯。

     

    帰りの水が残り少ないので、雪沸かしてカップラ(味噌汁とコーヒーも)食べました。

     

    こんなおいしもの食べたのっていつ以来だろう。

     

    苦労して出会えた景色というのは最高の調味料ですね。

     

     

     

    IMG_0888.JPG

     

     

    クイズ。飛行機探し。

     

     

     

     

    IMG_0892.JPG

     

     

     

    FDAの緑でした。森で見るといいですね。

     

    グリーンフォレストだけに。

     

    名古屋に行きたいなぁ。

     

    ここは飛行機の着陸ルートで、空が近いので飛行機スポットでもあります。

     

     

     

     

    IMG_0899.JPG

     

     

    画像真ん中やや上の白いドームがマエダアリーナ。

     

    ここまで5km弱。2時間。

     

    よく歩いたもんです・・・辛かった。

     

    一人でくる場所では無いですね〜今度は3人位で先頭変わりながら来よう。

     

     

     

    それでも、

     

    沢の流れる音、鳥のさえずり、時々木から落ちる雪の音、そして自分の鼓動。

     

    それしか音の無い、周囲数キロ誰も人のいない静寂は格別だったりします。

     

     

     

    IMG_0912.JPG

     

     

    これが山頂。

     

    手を伸ばせば届きそうだけど、

     

    今回はここまで。

     

    今度はしっかりと準備して来よう。

     

     

     

     

    東岳.jpg

     

     

    今回のルート。しつこく言いますが、しんどい。

     

    でも絶景でした!!

     

    登山道まで除雪してくれ〜

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする