10 years ago

2015.10.09 Friday

0
    薄々気づいてはいたのですが、
    ブログ見てると仕事の事でなく、関係無い事ばっかり書いてるって指摘されたので、
    10年前のブログ見返してみました・・・
     

    う〜ん、結構熱いこと書いてるなぁ・・・
     

    (自分の)名誉の為に行っておきますが(苦笑)、

    毎朝、6時半には会社に行きますし、
    家に帰るのも遅いです。
    土日は、終日打ち合わせで、1日に6件とか重なるとボロボロで家では無口になります(笑)
    そこから図面書いて、見積して、
    現場の監理もしているので、
    火曜日の定休日も、呑んだ次の日でも、朝は必ず職人達より早く出社します。
    (アルコールは23時以降、止めます)
    楽しそうなイベントもFBで眺めてるだけ。
    友人とも休みが合わないので、
    火曜日の午後は一人で、自転車乗ったり、走ったりしています。
    家族で出かける事なんて、年に数える程しかありません。
     

    まあ、愚痴になってしまいましたが、仕事してますよ。ちゃんと。
    それでも、たまに休みもらって、マラソンや自転車のイベントなんかに出たりします。
    10年経って、昔より仕事が上手に、息抜き、余暇の使い方が上手になったようです。

    長くなりましたが、今日のお題。
    ブログを読み返して懐かしく思った、
    10年前に作った始まりの庭。


    P1000497.jpg
     
    中古で購入した自宅をリフォームしたものです。
    元々、GL(地面の高さ)の高い庭だったのを、掘り下げて駐車スペースを作ったのです。
    ピッカピカですね。
    改めて見ると・・・現状を知ってる僕にとっては結構衝撃的。


    そして、10年後


    IMG_6917.jpg
     
     どーん。
    ボッサボサですね。
    でも、枕木やレンガが古びて来て、
    植物がそこに自然に絡んで、
    味わいがあると言っていいでしょう!(良く言えば)


    P1010026.jpg
     
    芝生の庭。
    すっきりと明るく、奥の小屋まで見通せました。


    IMG_6920.jpg
     
    芝生は草原のようになり、
    家畜がいたら喜んでくれそうです。
    小屋は・・・森の中になりました。


    P1010480.jpg
     
    石畳と和の坪庭。
    ヒバで作った小屋も、若々しいかったなぁ。
    庭に高低差が有ると楽しいので、
    子供達が階段をグルグルと走り回ってました。


    2011 05 28_2555.jpg
     
    和というか、森になりました。
    蜘蛛の巣だらけで、たどりつくのが困難なので、
    今となっては、子供達は近づこうとしません。


    P1000812.jpg
     
    ピンコロを積んだ花壇。
    庭の奥に有ったオイルタンクをここに移動したので、
    壊しちゃいました。
    オイルタンクはやっぱり手前に有った方がいいですね。
    雪投げが大変。

    P1000489.jpg
     
     イペという非常に硬い木を使った、
    デッキ通路。
    汗水たらしながら腰を痛めながら、
    これ全部自分で作ったものです。
    今では職人に、作って〜ってお願いすれば出来るようになりました。
     

    でも、こういう変わった材料も(非常に硬くて施工が大変)
    自分で作った経験があるので、
    職人に指示が出来るし、細かな納まりを考える時に、
    非常に役に立ってます。


    2010 06 06_0775.jpg
     
    色合いは経年変化していきますが、
    今の色の方が植物にはよくなじみます。
    さすが、指折りのハードウッドだけ有って、
    腐る事も、痛んでる所も一切有りません。
    枕木だってそう。
     

    当社は10年前から、
    防腐剤を一切使わない、ハードウッドの枕木を使用しています。


    P1000491.jpg
     
    懐かしいベンチ。
    自分でデザインしたものです。
    ユラユラとしなる座り心地なので、
    クレイドル(ゆりかご)って名づけたのをブログ読み返して思い出しました。


    IMG_7957.jpg
     
     今では、自宅から会社に場所を移して現役です。
    これも、イペ材の座面ですので、一切メンテナンスしてません。
    冬は屋根のある場所に避難しますが、
    後は、雨ざらし。
    そして、いまでもキュート。(自画自賛)
     

    事務仕事に疲れると、スタッフが帰った後で、
    一人、たそがれる場所です。


    IMG_7960.jpg
     
     クレイドル2(背もたれつき)
    やっぱりキュート。

    10年経っても変わらず、庭にいてくれる大切な景色。
    海外の話なのですが、
    庭が好きだったお母さんが亡くなって、
    子供達や孫たちが、いつでもお母さんが大事にしてたその庭を眺められるようにと、
    お母さんのベンチを作って、そこを中心に家族が集まり、
    そして庭を引き継いで、次の世代に紡いでいく。
    そんな何かの雑誌で読んだ景色に憧れて、永く使える物としてデザインしたものです。

     
     

    新しい物、ピカピカな物が喜ばれる昨今ですし、僕も概ねそうですが、
    こんな、時間が経って味わいが増して、物語が増えて、
    そんな庭を少しでも多くのお客様に、提供出来たらと、
    泣き言言わずに(笑)頑張って行こうと思わされました。

    6月ですので5月の総括を

    2015.06.03 Wednesday

    0
      IMG_6450.jpg
       

      ブログを更新しないまま、5月が過ぎまして・・・

      花見もせぬまま、いつの間にか田植えのシーズンも終わってしまいました。
       

      田に水を張ったばかりのこの景色は、

      市内あちこちに水面が現れて、とても好きです。

      田植えまでの一瞬というのがまたいいですよね。


      10660304_915862881790149_5644770166325765761_n.jpg

       

      毎年恒例の仙台ハーフマラソンに参加して来ました。

      ハーフマラソンの自己ベストを1秒(笑)更新しました!

      あと1分で30分台。

      (マラソン大会はスタートの号砲からスタート地点のセンサーをくぐるまで時間があるので、

      通常、ネットタイムで自分の実際のタイムを見ます)


      レース序盤が大渋滞の仙台で無ければ出せたかも・・・

      来年こそは!!

      ネット予約7000人が2時間で終了したらしいので、

      来年から抽選になるとか噂も・・・出れるか不安です。


      11067489_922795411096896_3195525228062888390_n.jpg

       

      そうそう。

      最近、自転車が増えました。

      以前は29インチのマウンテンバイクだったのですが、

      とうとうロードバイクの世界に。

      今までは、一念発起しないと行けなかった夏泊一周なんかも、

      さらっと散歩感覚で行ける様に。

      軽くて、早くて、楽しくて。

      時間が出来ると走るか自転車かで悩んでます。
       

      写真は平舘で食べたウニ丼。

      美味いし、美しいです。

      青森から今別折り返しで、ちょうど100キロでした。

      (さすがに疲れた・・・)


      11220769_924580264251744_4668479730651353307_o.jpg

       

      昨年、落葉後に植えた樹木も新緑になってきました。

      手塩にかけた現場が育っていくのは、本当にうれしいです。


      11313034_923204741055963_4532695753857570887_o.jpg
       

      先日は、不思議な虹が出てました。

      環水平アークと言うらしいです。

      地震の前触れとか説もありますが、

      実際は、上空の氷の結晶の向きによる現象だそうです。

      そんな小難しい事はどうでも良くて、

      見てるだけで嬉しい気持ちになりました。
       

      さあ、6月も嬉しい出来事に会えますように。

      年頭所感2015

      2015.01.05 Monday

      0
         

        あけましておめでとうございます。
         

        昨年は・・・公私共に色々な事がありました。

        長くなりそうなので割愛しますが、まあ頑張ってましたよ。

        概ね(←ここ大事)笑顔でいられました。
         

        さて、今年弊社は10周年を向かえます。
         

        思えばあの時は30歳でした。

        安定していた前職を辞し、青森に戻り、

        学生時代から10年学んだ建築を辞め、

        新しい職種での独立。

        中古で家を買い、そこを生活と仕事の場とし、

        借金をこしらえ、

        右も左も解らない世界へ・・・

        親とも揉めて、家出同然での第一歩。

        周囲は本当に心配してました。

        何度頭ごなしに無理だろと言われた事か。

        今は感謝してますが、あの頃はただ悔しくて、

        それをバネに必死になってたと思います。
         

        今は、そんなハングリーさも消え(笑)

        仕事にも適度な距離で向かえてる自分がいます。

        手を抜いているとか、悪い意味では無いですよ。

        あの頃は、

        「雪国だからこれはダメ」とか

        「建物に合わないからこれは使わない」とか

        制約に捕われていた気がします。

        学生時代からの好きな言葉「形態は機能に従う」を胸に

        見た目も機能も大切に設計して、イメージを形にしてきました。



        そして最近では、そこに暮らす人の生活を第一に考える様になりました。
        設計者の独りよがりでは無く、

        住む人の暮らしをイメージしながら、設計をしています。

        この仕事は、暮らし方をデザインする仕事だと思うようになりました。

        昔は居心地が悪い気がして苦手だった、

        ガーデンデザイナーという呼び名も

        最近は胸を張って名乗れるようになりました。
         

        独立する時に、

        青森の庭は雪を気にしてコンクリートで覆ってるばかりで、

        それが街並みを暗くしている。大都市よりも緑の量が圧倒的に少ない。

        とブログで書いた事があります。

        それから10年経ちました。

        その間、大小500を超える庭を、エクステリアをデザインしてきました。

        少しずつではありますが、街に緑も増えて来ましたし、

        門周り、エクステリアにも工夫を凝らした家が増えて来たと思っています。

        「当社で作る庭が中心になって、近所の人の意識も向上して

        青森の街並みが少しでも良くなれば・・・」

        という独立当初の目標を失わずに、

        これからも、次の10年も笑顔でやり抜きたいと思います。

        多くの方に支えられて、ここまでなんとか来ることが出来ました

        まだまだではございますが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


        楽しい暮らしが増えて、それが楽しい街並みに繋がりますように!!


         

        霜月のころ

        2014.11.09 Sunday

        0
          IMG_3448.jpg
           

          めっきり寒くなって、季節は11月。

          今年も、あとわずか。

          我が家に毎日遊びに来るお客さん。

          ヤマガラです。

          エゴの実が大好き。エゴって毒があるんですけどね・・・

          とっても胃腸の強い子。





          IMG_3636.jpg
           

          いちょうといえば、近所の銀杏並木も見事です。

          ここに住んで良かったなぁ、と一番思う季節。

          まもなく、ここに住んで失敗したなぁ、と思う冬がやって来ます。(雪が多い)

          そうやって、人生バランス取れるのですね。

           



          IMG_3772.jpg
           

          紅葉と言えば、先日弘前からの帰り道に、回り道で中野もみじ山に行ってきました。

          今年初めての紅葉!

          ですが、殆どの木が落葉してました。

          知ってはいましたが、シーズンオフ間近だし・・・。

          全景は寂しくなる感じなので、

          アップでの画像で。

          ゴジラか、逃げるお姫様に見える影絵が撮れました。



          IMG_3807.jpg

           

          もう一枚。

          緑から赤へのグラデーション。

          とっても表情の豊かな老木でした。

          スライムをトッピングで。


          IMG_3824.jpg

           

          帰り道。

          青白い幹肌と、赤い新芽。

          落葉したブナの林は大好きです。

          そして、八田山にはうっすらと雪が。

          道路の路肩にも雪が残ってますね。

          もうタイヤ交換するまで通れない道。

          というか、春まで通りたくない道。




           

          P1020671.jpg

           

          最近入りびたりの現場。

          中庭に小川を作っています。

          この扉からしか入れない、見えない秘密の庭。

          (あ、当然家の中からは見えますよ)

          殆ど工業製品を使ってないので、

          非常に管理に手間がかかります。

          それでも、形の不揃いな素材達が、

          バッチリと、まとまった時は、

          設計、と監理、両方やってる冥利に尽きます。


          雪が降る前にやらなきゃな事が多くて、今がピーク。

          そんな中にも、自然に触れる時間を作りたいなぁ。

          と思う今日この頃です。
          晴れた休日が欲しい!!

          A-line

          2014.10.24 Friday

          0
            10528369_696803180385491_6062780058587418063_o.jpg

             

            青森市にもクラフトのイベントをという事で始まったA-line。

            今年で4年目になりました。

            青森で楽しい事がしたい。という思いで工藤代表が始めたこのイベント。

            (写真で僕の隣のピンクのおじさんです)

            軽い気持ちでスタッフに誘われて4年が過ぎました。
             

            一番初めの、4年前の冬に初めて顔を合わせたスタッフは、

            作家、雑貨屋、デザイナー、パン屋、看板屋、ストーブ屋、花屋など

            地元の小さな事業主たちでした。

            ぶっちゃけ、平日動きやすいだろうという事で集められたメンバー達(苦笑)

            大きなイベントをやろうと言うのに、行政の後ろ盾も、大企業からの支援もありませんでした。

            それは、それは心配でした。心細かった(笑)
             

            無我夢中で走り続け、なんとか開催の目途が立った一年目。

            雨が降ったら中止。

            場所代はどうするの?

            お客様は本当に来てくれるの?

            飲食店の仕入れはどうなるの?

            代表は大きな大きなリスクを一人で背負ってました。

            当日、最高の天気の元、

            沢山のお客様に来てもらって、

            クラフターさん達も

            飲食店さん達も喜んでくれて、

            嬉しいよりも、ホッとしたんであろう代表は、

            体調不良で寝込んでましたね(笑)
             

            あれから4年。

            今では、多くの皆様に支えられ、

            二日間で来場者が二万人を超す大イベントになりました。

            ボランティアスタッフ達も100名近くになってます。
             

            会場がねぶたの里からモヤヒルズに替わったり、

            正直、毎年、喧々諤々色々な事がありました。

            今年の開催は出来るのかと、不安だった事もあります。

            期間中は、本当に過酷で、

            毎年痛いぐらいの日焼けと、

            その後数日間の筋肉痛、

            そしても燃え尽き症候群・・・(笑)

            それでも、毎年楽しみでしょうが無いのは、

            多くのお客様と、作家さん、飲食店さんが喜んでくれる事、

            そして最高のスタッフ達と一緒に働ける事に尽きます。
             

            この歳になって出来た、仕事とは別の最高の仲間達。

            この大切な場所を与えてくれた代表には本当に感謝しています。
             

            まあ、知っての通り、A-lineが終わって4か月近くなって

            こんな文章書くのは、代表が市議選に出馬するからで、

            「多くの関係者を背負ってるA-lineに比べたら、

            落ちても自分だけの問題だから選挙はよっぽど気が楽だよ」

            と強がっておられましたが、なんとかなって欲しいのです。

            僕に出来るのはここまでですが、頑張って頂きたいと思っています。
             

            僕は、

            仕事も、企業も、イベントも、街づくりも最後は人だと思うようになりました。

            政党で無く、団体で無く、年齢でも、経験でも無く、

            人物を見て、アオモリを好きな人の事を応援出来る政治を期待しています。

            もっと各自が楽しく暮らせる街にして欲しいと願ってます。
             

            最後に、

            代表のブログ アオモリ大陸(笑)で一番好きなページリンクしときます。

            アオモリ大陸(笑)